Nothing To Declare

『モノクロな感情を受け止め、寄り添い、そして色付けしてくれる音楽』

それぞれ国内、国外、メジャーシーン、インディーズシーンと幅広く活動経験を積んできたメンバーにて結成。

彼らのこれまでの活動にて培われた人生観がダイレクトに伝わってくるアグレッシブかつ繊細なサウンドは圧巻。

日々めまぐるしく変わっていく音楽シーンの中、芯が通ったストレートなロックサウンドは泥臭ささえ感じさせるが、Masの英詩ボーカルから放たれる独特な世界観が融合する事で、まさに【世界標準】なサウンドへと昇華されている。


◼2005年
Pug Jelly/Saw Loser (Universal Music、現The Dirt Radicals)として海外で活動をしていたMasのソロプロジェクトとして生まれる。

幼少期から海外で育ったMasの英語詩、洋楽と邦楽の両サイドを持ち合わせた楽曲アレンジ、独特なメロディーの延長に垣間みえるエモーショナルなスクリームを武器にこれまでも数多くのリスナーを魅了してきた。

始動してまもなくリリースしたEPが当時拠点にしていた東南アジアで人気を呼び、シンガポールの最大規模のフェス、BayBeats Festival (70,000人/3日)のトリ前に抜擢される。

◼2006年
日本ツアーを決行し、国内版EPをリリース。
勢いに乗る中、Saw Loserの活動がより活発になり、ソロプロジェクトは一旦活動休止となる。

◼2012年
Masは暫くの海外活動の後、新たな活動ベースを求め活動拠点を日本に移した。そしてYoshi、Masa、Mutsumiの3人と出会い、バンドとしてNOTHING TO DECLAREを再始動させる事を決意する。

同年夏から本格的な活動前の準備として、楽曲制作とレコーディング準備に入る。

◼2013年
3月
Maximum10主催のオムニバス「MAYDIE!!」へ「The Life, The Death.」で参加。

5月
1st Album 「Your Obsession」全国リリース。
本格的なライブ活動をスタートさせる。

6月
シンガポールの最大規模のフェス、BayBeats Festival (70,000人/3日)へ2度目の出演。

◼2014年
2月
maximum10主催のツアーに参加。
FACT, POP DISASTER, sfpr, LOST, waterweed, ENDER と新潟LOTS/大阪BIGCAT/福岡DRUM LOGOS/名古屋DIAMOND HALLの4公演へ出演。

9月
Issues(USA) JAPAN TOUR の東京公演へ出演。
次作レコーディングの為に、スタジオワークを開始する。

◼2015年
3月
1st Single 「We Stand Alone」ライブ会場&配信限定にてリリース。

11月
FACT主催 "ROCK-O-RAMA2015"(FACT, Ken Yokoyama, MAN WITH A MISSION, Crossfaith, etc.)へ出演。

◼2016年
5月
GOOD4NOTHING & THE→CHINA WIFE MORTERS主催 "SAKAI MEETING"へ出演。

6月
INSOLENCE(USA) JAPAN TOUR の名古屋公演へ出演。

ガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社より発売される、
PlayStation4用ゲーム「LET IT DIE」の音楽コラボ企画へピックアップアーティストとして参加決定。

9月
2nd Album 「Louder Than Words」リリース。


上記QRコードより
携帯サイトをご覧になれます。