New Merch! New Tees!


New Merch Avialable Now!

「Get Up」と「Snakes and Ladders」のデザインを基調としたロング丈Tシャツの販売を開始しました!
デザインは「Are You Where You Are?」からNTDののアートワークを担当してくれている栗原さんと一緒に。
少しでも皆さんの生活に寄り添えればという思いを形にしました。

新たなスタートがテーマの「Get Up」は
定番のPure Whiteと気軽に着れるLight Blue。

ドロっとしたイメージの「Snakes and Ladders」は
ダークなBlack on BlackとハロウィンカラーのPumpkin。

オリジナルのボディは肌触りが良く、サイズタグがシースルーのインナープリントになっているのもポイントです。

これからの季節に必須のパーカーも残り少なくなってきているのでお早めに!

Enjoy!

→ NOTHING TO DECLARE Official Merch Store 
https://ntdonline.official.ec/

Posted : 2020.10.04
「Snakes and Ladders」について
「Snakes and Ladders」のLyric Videoを公開しました。
見てくれた人、拡散してくれた人、コメントや評価をくれた人、有難うございます。

まだの人は是非見てみてください。

5/31のYouTube Liveでも少し話したけど、ここ数年NOTHING TO DECLAREとして書いてきた楽曲とはイメージを変えてみました。
変えたというより、いつの間にか出さなくなってしまっていたNTDの一面だったのかな。

Sick Figures とか、Born To Be Mild寄りで、どちらかというとシニカルで、フィクションにも近い曲の位置付け。
みんなにはどう聴こえるんだろう。


この曲は「Snakes and Ladders」というインド発祥のすごろくみたいなボードゲームにインスピレーションを貰いました。
日本語では「蛇と梯子」というタイトルがついているようで、いろんなデザインがあるけど、僕が小さい頃に持っていたのはこれだった気がする。


(https://society6.com/product/vintage-snakes-and-ladders_print)

遊び方はシンプル。2人以上で遊ぶ。
1からスタートしてサイコロを振って出た目の数だけマスを進めて最初に100にたどり着いた人が勝ちというもの。
ボード上の蛇(Snakes)や梯子(Ladders)が何かというと (以下 Wikipediaから引用) 
"コマが止まったマスが梯子の一方の端(マスの番号が小きい方)だった場合、コマを自動的に梯子のもう一方の端のあるマスまで進めることができる。
逆にコマが止まったマスが蛇の一方の端(マスの番号が大きい方)だった場合、コマを自動的に蛇のもう一方の端のあるマスまで戻さなければならない。"
です。

由来や歴史など読んでみると意外と深くて面白い。
蛇と梯子 (出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%9B%87%E3%81%A8%E6%A2%AF%E5%AD%90

裏切り者とか、人を陥れたり利用したりする人のことを英語で“Snake”と表現する事があるんだけど、そういう人にはそういう事が回ってくるいわゆるカルマみたいな事なのかな。
この曲は人間のそういうドロっとした感情をこのゲームに例えながら音にしました。

音に関してもう少し話をすると、そのドロっとした部分やゲームが持つ残酷な要素を暗めのサウンドで表現しながら、このゲーム発祥のインドのスケール(音階)を取り入れてます。
Britney SpearsのToxicも似たスケールをもとに作られていて、Toxicほど華麗には取り入れられなかったけど、知ってる人には感じてもらえる部分があるかな。
Toxicのあの印象的なストリングスのフレーズもインドのドラマの劇中歌からサンプリングしたものなんだとか。

そして今回ゲスト参加して貰ったNeruさんにもこのゲームのことを話して、サウンドを作って貰いました。

僕には無い要素を曲全体に散りばめてくれたことで新しいエッセンス盛り沢山で、NTDの新境地も切り開いてくれました。
期待値を簡単に超えてきて、あっぱれでした。

最近のNeruさんの曲のお気に入りはこちら。メロ、進行、アレンジが秀逸。
Neru - potatoになっていく (Becoming Potatoes) feat. Kagamine Rin & Kagamine Len
https://www.youtube.com/watch?v=Dun11cIEo9s

Neruさん、本当に有難うございました。


子供の頃よく遊んでいたゲーム。
今となっては凄く深いゲームだったんだなと考えさせられる反面、当時に学んでいた事もあったんだろうなと思う。

もっと聞きたいこと、知りたいことなどあれば please feel free to shoot them my way。

「Snakes and Ladders」よろしくお願いします。

Mas

Posted : 2020.06.02
新曲「Get Up」について
Masです。

2/10に、新体制初の楽曲のMusic Video「Get Up」を公開しました。
観てくれた人、拡散してくれた人、評価をくれた人、有難うございます。

今日から歌詞の意訳も公開しています。
YouTubeの字幕機能で画面にも表示できるので、試してみてください。

実は歌詞の和訳を載せるのはイメージが散ってしまわないかが心配でいつも迷うんだけど
少しでも多くの人に曲のイメージを掴んでもらえればと思って、今回も載せました。

「Get Up」はかなり前からイメージはあったものの、自分の中で温めていた曲の一つでした。

こういう形でリリースするとは思っていなかったけど、新体制の新しいスタートと
曲のテーマでもある「止まりかけていた時間がまた動き出す」という内容をうまく表現できるかなと
思って、年が明けてすぐくらいからかな、制作を初めて完成させました。

アレンジは凄く悩んだ部分。
アコギだけで完成させてみたり、エレクトロな感じにしてみたり。。

でもやっぱり20年以上もバンドサウンドを作ってきたこともあって、何周かしてこの
バージョンを聴いた時にやっぱり一番しっくりきたし、自分の声も綺麗に乗るなと。

曲のメッセージともリンクしていて、もうここまできたら体に染み付いているんだろうね。

新しい挑戦の一つとして、女性ボーカルパートを入れました。

新しいと言っても、このパートはあまり考えずにいつの間にか頭の中で自然と鳴っていたので
声のイメージにぴったりだった
The Winking OwlのLuiza
http://twitter.com/luiza_two
Instagram.com/luiza_two
に手伝って貰いました。

これからも少しずつNOTHING TO DECLAREの世界観を広げていくので、楽しみにしていてください。


そして、最後になってしまったけど

こうして無事に活動を再開ができたのも、待っててくれている人がいると信じていられたからでした。

本当に、有難うございます。


これからもよろしくお願いします。

Mas

Posted : 2020.02.12
12/15 これまでと今後の活動について
Masです。

ようやく回復してきたので、、みんなに貰った手紙とギフト、段ボールと金魚達に囲まれながら自宅のソファーの上でカタカタと書き始めてみました。

まずは改めてHEADS or TAILS Vol.2に集まってくれて、そして遠くから応援の声を届けてくれて有難うございました。

11/22に主催した「Once More, with Feelings」で、一緒に成長してきた仲間の愛に囲まれて
12/13に「HEADS or TAILS Vol.2」で大好きな先輩たちに見守られて、ここまでの想いを完全燃焼することができました。

あと1分でも長く続けていたらこの感情に歪みが生まれてしまっていたかもしれない。
それくらいギリギリのところまでYoshi、Masa、Mutsumiと走り切り一緒に作ってきた6年間に終止符を打つことができました。

ここからは、またNOTHING TO DECLAREを一人で進めていきます。


10年前、日本に帰国する前に作ったNOTHING TO DECLAREという、好きな仲間と好きな事をやるためのプロジェクト。
それをYoshiがバンドにしようと言ってくれて、MasaとMutsumiも一緒にバンドとしてスタートしたのが2013年。

共に笑い、泣き、喧嘩はほとんどせずに色々な事を乗り越えながら続けること4年。

2017年の秋に「All or Nothing」をリリースしてからは「自分の好きなことに対して零か百の戦いを」を掲げて
バンドとしての、一人のアーティストとしての”All”を追い続けてきました。

そんな活動の中4人の人生の方向性の違いも浮き彫りになり
4人で奏でるAll or Nothingに違和感を覚え始めたのが2018年の春。

NOTHING TO DECLAREの”All”とは何なのか?

そんな迷いを抱えた状態で迎えた同年12/9の初ワンマンライブ。
ライブ中も必死で考え続けたNOTHING TO DECLAREとしてのあり方は、終演後まで見つからなかった。

自分の人生で一番自分らしくない、一番悔しさが残ったライブ。
大きなターニングポイントでした。

直後の4人でのミーティングで初めて、”解散”の言葉が出ました。
音楽を通して「All or Nothing 」を掲げるための心構えがNOTHING TO DECLAREに備わっていなかったと感じました。

その日は一度全員ゼロの状態で年を跨いで最初のミーティングで各々の答えを出そうと話して、別れました。

2019年。迎えた最初のミーティングで話し合い、4人で新たに掲げたNOTHING TO DECLAREとしての”All”。
その”All”とメンバー個々の”All”を合わせて行けるところまで行こう、と4人で切った最後のスタート。

ただ、向かう方向が明確になってからは個々の方向性の違いも明確になり始めて、4人での”行けるところ”が見えるまでそこまで時間は掛からなかった。

Yoshiの脱退と新しい音楽人生の道。
全力で後押ししました。

ここまでYoshiを隣で見てきて、本人が一番輝ける場所がそこだと感じたから。

それがきっかけではなかったものの、やはり向かう方向の違いから立て続けの発表になってしまったMasa、Mutsumi脱退。
応援してくれているみんなを二度もがっかりさせてしまい、心が離れてしまった人もたくさんいたと思います。

自分自身の心すらさえも離れかけていた中
ここでNOTHING TO DECLAREを終わりにはできない
魂を込めて叫び続けてきた言葉を、まだ伝え切れていない想いを奏で続けたい

もう一度、一人に戻して続けていきたいという思いを3人に話しました。

その言葉を受け入れてくれたYoshi、Masa、Mutsumiへの感謝の気持ちと共に、その責任を
彼らの気持ちを背負って今後もNOTHING TO DECLAREを続けていきます。



暫くの間はサポートメンバーを入れたライブ・制作は今のところは考えていません。
NTDとしてのライブはアコギ一本でやっていきます。

もう一度自分の音と見つめ合いながら、時間をかけてその表現方法を少しずつ広げていこうと思います。

ここまでYoshi、Masa、Mutsumiと共にNOTHING TO DECLAREと歩んでくれて、本当に有難うございました。

そしてこのソファーの上から始まる新しい物語の成長を、見守って楽しんで、時に一緒に成長していってもらえたら嬉しいです。

すぐ戻るからね。

Mas
Posted : 2019.12.15
11/17 大事なお知らせ

いつも応援して頂いている皆様へ


以前より告知していた「12/13(金)HEADS or TAILS vol.2」Yoshiのラストライブをもって、MasaとMutsumiもNOTHING TO DECLAREを脱退する事になりました。

以降、NOTHING TO DECLAREはMasのソロプロジェクトに戻し、活動を続けていきます。


4人でしっかりと話し合いを重ねた結果です。

文字ではなく、残りの2公演で各々の気持ちを伝えさせてください。


11/22(金) 新宿 club SCIENCE
12/13(金) 渋谷 CYCLONE


NOTHING TO DECLARE



 
Posted : 2019.11.17
4ヶ月連続新曲Music Video公開企画 第三弾 “One In A Million"公開!

 

9月に心斎橋VARONにて自主企画「HEADS or TAILS」を開催!

チケットページから今すぐ購入!

Posted : 2019.07.31
4ヶ月連続新曲Music Video公開企画 第二弾 “Another Light"公開!

 

9月に心斎橋VARONにて自主企画「HEADS or TAILS」を開催!

チケットページから今すぐ購入!

Posted : 2019.06.30
4ヶ月連続 新曲MVリリース企画第一弾 "Flashbacks" のMusic Video公開 x 9月に自主企画開催決定!
2019年9月7日(土)
NOTHING TO DECLARE presents "Heads or Tails"

詳細はチケット購入ページへ!*5/23(木) 10:00 販売開始



NOTHING TO DECLARE - Flashbacks
Posted : 2019.05.22
Gt. Yoshi 年内脱退のお知らせ
2019年をもってGuitarのYoshiがNOTHING TO DECLAREを脱退する事になりました。

以下、メンバーからのコメントになります。


- Yoshi -
突然皆さんを驚かせてしまい申し訳ございません。
正直言うと今回の選択で自分が一番驚いています。
まさかYoshiがNOTHING TO DECLAREを脱退するとは、と。

ここまでに至った経緯を自分の文章で説明させてください。

結成当初からNTDでのYoshiの役割はギタリスト兼実質マネージャーという状況でした。

「実質」というのは別にバンド内で決めていたことではなく、自然とそうなったという事です。

これはPUNK ROCKに目覚め、DIY精神が根付いた少年時代から「自分(バンド)の事は自分で全てやりたい」という性格で
バンド人生を始めた時からもずっとそうでした。

スケジュール管理から移動の手配、フライヤーやポスターやCDパッケージデザイン、MV編集やらHP作成、物販作成など
他にも書いていくとキリがないほど全て独学で自分でやってきました。

NTDが沢山の人に支えてもらいながら、順調に活動も進んできた中で、だんだんとマネジメントと言うものに興味が出てきました。

当初は何の疑問もなく、ギタリストとしてもマネージャーとしてもバンドに全力を注いでいたのですが
俺が一番好きな曲 “All or Nothing” が完成した事で、徐々に葛藤がでてきました。

自分の人生の “All or Nothing” のAllは、マネジメントなんじゃないかと。

中学生の時から音楽が好きで、ちょくちょくバンドもやっていましたが、ちゃんとギターを練習し始めてプロを目指すバンドに加入したのは21歳くらい。

音楽にはどっぷり浸かっていたけど、根っからの“ギターキッズ”だったわけではなく、ベースとドラムもやってみたりして
自分のやりたい事はギタリストではなく、バンドだったんだなと。

形はどうであれ仲間たちと音楽で夢を追いかけたかったんだなと。

そう考えた時にギタリストとしてではなく、マネジメントとしての方が自分の為にも仲間の為にも100%の力を発揮できると思えました。

今年の初め頃に心に決めてからメンバーに相談し、納得してもらい、そして応援までしてもらい、
この春からマネジメント事務所に所属し、次の道を既に歩き始めています。

今年の12月まで、NOTHING TO DECLAREとしての活動もAllでやらせてもらいます。

音源もたくさん出すし、ライブもします。

みなさん是非遊びに来てください!
そして何かあれば是非直接聞いてください!

たくさん悩んで、たくさん泣いて、最後に出した自分の考えをしっかり説明します。

“All or Nothing” ありがとう。
今までも、そしてこれからも一番大好きで大切な曲です。


=====

- Mas -
Yoshiの声がけがなかったらNOTHING TO DECLAREをバンドにしてなかった。

自分の音遊びの場として作ったNTD
俺と同じくらい俺の音楽を信頼してくれて、俺に持っていないものを持っていて
そして何より酒を飲むペースが一緒(これ大事)

そんなとこから自然と、必然とバンドとして始動したNTD。

一緒に活動をしながら音楽の話はもちろんプライベートの話も同じくらいしてきた。
だから年内の脱退を決めた時も、不思議とお祝いの言葉が先に出てきた (その後泣いた)

そして何より”All or Nothing”Yoshiの音楽人生の次のステップに繋がったと聞いた時は凄く嬉しかったよ。

変わっていくのが自然。変わらない方が不自然。
NOTHING TO DECLAREは止めないからね。

さぁ、Yoshiのラストランが始まるよ。

=====

- Masa -
発表にもあった通り年内を持ってYoshiが脱退となります。

前のバンドの時に知り合い、一緒にバンドやり始めてかれこれ10年。
日本全国、海外とツアー周ったりレコーディングしたり苦楽を共にして来ました。

時にはベロベロになるまで一緒に飲んだりと。
まだまだ一緒にやれるもんだと、今回の事を想像していませんでした。

かなり勇気のいる決断だったよね。

一緒にやってきた仲間、友達だからこそ今回の決断を応援していきたい。
お互い後悔なく真っ直ぐ行こう。

そしてまだまだ時間はある。
最後まで一緒に走り抜けよう。

=====

- Mutsumi -
結成から5年以上の歳月を共にしてきた仲間だから、一緒にステージに立てなくなる淋しさ云々は今更語る必要も無い。

それぞれの人生にとってのNOTHING TO DECLAREが形を変えて進んで行く中で、Yoshiはステージに立つ、という役割から
違う形でバンドを支えて行く、という役割に変わったという認識で、脱退、という表現には少し語弊があるかもしれないと個人的には感じている。

メンバー最年少でありながら、一番のしっかり者で、一番のロックスターでもあるYoshi君。
感謝、という表現では全く足りないが、「ありがとう」しか今は出てこない。

新天地での活躍を祈りつつ、引き続きNOTHING TO DECLAREの一員として、家族として、これからもよろしく。

=====

Posted : 2019.05.19
通販サイト開設!
要望が多かった通販サイトを開設しました!
フーディ、キャップ、Tシャツなど、是非この機会に!

https://ntdonline.official.ec
Posted : 2019.04.26
1  | 2  | 3  | 4  | 5  | 6  | 7  | 8  >


上記QRコードより
携帯サイトをご覧になれます。